黒鉛グラファイト素材のC/Cコンポジットの特性

  • 電話06-6599-9247
    カーボン製品のご相談
  • 関西カーボン加工ブログ
  • 関西カーボン加工facebook

黒鉛グラファイト素材のC/Cコンポジットの特性

C/Cコンポジット(炭素繊維強化炭素)の特性

C/Cコンポジットは、carbon carbon compositeの略称になります。カーボンを炭素繊維で強化した材料で、 従来の黒鉛材料や金属では対応しきれない、高強度、高耐熱、高耐食、軽量化を実現した材料です。 弊社では多種・多様な形状や用途対応をしております。

C/Cコンポジット(炭素繊維強化炭素)とは

C/Cコンポジットは、黒鉛と同じように不活性雰囲気では2,000度以上の高温度域に耐えられる材料です。 金属と比較して約1/5の重量で腐食せず、黒鉛と同じように熱膨張率が低く、耐熱性、耐薬品性に優れています。 黒鉛と比較して、靭性が高く割れにくく、強度が3倍~5倍の強度をもつ材料です。
CCコンポジットの製造方法は「ピッチ・樹脂含侵炭素化法(HIP法)」「気相成長法(CVI法)」 「膜沸騰法(FB法)」などがあります。それぞれの製造方法で、生産コストや性能に差が生まれます。

C/Cコンポジット(炭素繊維強化炭素)
C/Cコンポジット(炭素繊維強化炭素)

C/Cコンポジット(炭素繊維強化炭素)の層間強度比較

弊社では、優れた「層間せん断強度」を持つC/Cコンポジット素材を準備しています。
「層間強度」が強いという事は、おのずと曲げ強さ、圧縮強度が強い素材となり、 より耐久性の高い部品を供給する事が可能となっております。
お使いになられている環境や、用途を教えて頂く事で、より良いご提案をさせて頂きます。

C/Cコンポジット(炭素繊維強化炭素)の層間強度比較
C/Cコンポジット(炭素繊維強化炭素)の層間強度比較

C/Cコンポジット(炭素繊維強化炭素)の主な使用用途

  • 金属の熱処理などで使用する冶具類(焼成用トレー、ボックス)
  • 高温熱処理炉(炉床、攪拌羽根)
  • 搬送部品(搬送ローラー)
  • 液晶製造用熱板
  • ヒーター
  • スペースシャトル(耐熱板、ロケットノズル)
  • 飛行機、自動車の高性能ディスクブレーキ
  • 耐熱スプリング
  • 熱交換器部品
TOPに戻る