小規模事業者持続化補助金および、コロナ助成金の採択を頂きました!

2021年4月7日

小規模事業者持続化補助金および、コロナ助成金の採択を頂く事が出来ました!

2020年度の、小規模事業持続化補助金および、コロナ助成金。
最終の第5回受付分(2020年12月10日(木)締切)で応募を行い、この度、助成金の採択を頂く事が出来ました!

摂津市商工会や、仕入先様、京都信用金庫様のご協力により、小規模事業者持続化補助金および、コロナ助成金の採択を頂く事が出来ました!

弊社を応援してくださっている皆様、いつも、ありがとうございます。
今回の助成金・補助金におきましては、今まで取引をさせて頂いたことがない、工具商社様を始め、いつも融資などでお世話になっております、京都信用金庫 茨木支店の皆様、摂津市商工会の皆様のご協力により、小規模事業者持続化補助金および、コロナ助成金を採択して頂く事が出来ました。
ありがとうございます。

関西カーボン加工が獲得いたしました、
小規模事業者持続化補助金の目的

この度、関西カーボン加工株式会社では、
「三次元スキャナーの導入による新規顧客獲得と新分野の開拓」
というテーマで、補助金の申請をさせて頂きました。

弊社では以前より、材料の置き換えでカーボンを作りたいというご相談を頂くことがありました。中には、図面化されておらず、現物と同じ物を作って欲しいという、現物支給によるご要望もございました。
単純な形状の物であれば、弊社でも簡単に図面化が出来ます。しかし、テーパが付いていたり、湾曲が入っている製品になると、中々測定が出来ません。
弊社では、三次元測定機を導入しておりましたが、三次元測定機は、測定用の図面を入力する事で、正確なデータが測定できる為、図面がない製品だと、現物を御支給いただいても、正確な寸法測定が出来ませんでした。

その為、現物支給による加工においては、効果的な対応が出来ずに、やむを得ずお断りをさせて頂く事もありました。

この度、補助金の採択を頂けたことで、
三次元スキャナーを導入できることになりました。
三次元スキャナーの導入により、

  • 三次元スキャナーからの図面化
  • 五軸加工機での加工
  • 三次元測定機での検査

と、一気通貫で、お問い合わせに対応が出来ることになりました!

この度、関西カーボン加工で、摂津市商工会や京都信用金庫様のご協力により、令和2年の「小規模事業者持続化補助金および、コロナ助成金」の採択を頂く事が出来ました!

関西カーボン加工は

弊社、関西カーボン加工のキャッチフレーズは
カーボンの無理難題にチャレンジする会社
です。
昔から継続して作っている製品の、より効率の良い加工方法を模索もしつつ、新しい事にも挑戦する会社です。
カーボンの歴史は古く、色んな場所で使われています。しかし、新素材の開発や、既存の材料からの置き換えなどなど、まだまだ用途開発が進められている素材です。

弊社では、お客様のご要望に合わせて、様々な案件に取り組んでいます。
「カーボンの同業他社では出来ない」とお断りされた案件でも、弊社の冶具のアイデア、ご協力を頂いております刃物メーカー様、設備メーカー様などなど、皆様のご協力もあり、色んな製品を現実化させております。
是非、ご相談ください。

工具商社様、京都信用金庫様、摂津市商工会の皆様
この度、誠にありがとうございました。
また、常日頃より、ご協力を頂いております皆様、ありがとうございます。

引き続きご指導の程、宜しくお願い致します。
今後も、宜しくお願い致します。